脂溶性ビタミン

MENU

脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミンは油脂に溶けやすく熱に比較的強いので、油を使った調理法などがおすすめです。

脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミンには、目のビタミンと言われる「ビタミンA」、骨のビタミンと言われる「ビタミンD」、若返りのビタミンと言われる「ビタミンE」、血液のビタミンと言われる「ビタミンK」があります。

 

ビタミンA

 

ビタミンAは、体内を酸化から守り皮膚、粘膜を健康に保ち、視覚を調節する働きがあります。

ビタミンA

 

食品では、鶏肝臓(レバー)・豚肝臓(レバー)・銀むつ・うなぎの蒲焼・銀だら・モロヘイヤ・かぼちゃ・にんじんなどに多く含まれます。

 

ただ、摂り過ぎると脳圧高進症・頭痛・吐き気・骨障害・脂肪肝・脱毛・胎児に奇形や流産(妊婦)の恐れがありますので注意が必要です。

 

ビタミンAが不足すると、免疫力が低下したり、暗がりで目が見えにくくなったり肌荒れや乾燥肌なども引き起こす可能性があります。

 

ビタミンD

 

ビタミンDは、カルシウムやリンの吸収を助け、血中カルシウム濃度を保つ働きがあります。

ビタミンD

 

食品では、アンコウの肝・紅鮭・さんま・いさき・まぐろ脂身・いわし丸干し・白きくらげ・黒きくらげなどに多く含まれます。

 

ただ、摂り過ぎると、カルシウム代謝不良・高カルシウム血症・腎機能障害・石灰化障害・吐き気・下痢・脱水症状などの恐れがあります。

 

ビタミンDが不足すると、成人の骨軟化症・子供のクル病(骨の成長障害)・O脚・X脚・筋肉のけいれん・虫歯などを引き起こす可能性があります。

 

しかし、ビタミンDは食べ物から摂取する以外に、10分から20分足らずの日照量で必要量を満たす事が出来ますので、日に数分でも太陽光に当たる習慣を身につけるといいですよ。

 

ビタミンE

 

ビタミンEは、体内を酸化から守り血行をよくし、生殖機能の維持もします。

ビタミンE

 

食品では、キングサーモン・まぐろ油漬け缶詰・子持ちかれい・ひまわり油・綿実油・かぼちゃ・アーモンド・小麦胚芽などに多く含まれます。

 

ビタミンEは脂溶性ビタミンの一種なのですが、健康な人で過剰症はあまり認められていません。
過剰に取り続けていると、軽度の肝障害や生殖機能障害、出血しやすくなるなどの症状を起こすといった報告もあります。
ただ、不足すると、溶血性貧血・動脈硬化・不妊や流産・冷え性・しもやけ・肩こり・頭痛・間隔障害や神経障害・肌のしみやくすみ・生理痛・生理不順などを引き起こす可能性があります。

 

ビタミンK

 

ビタミンKは、血液を固め骨を丈夫にする働きがあります。

ビタミンK

 

食品では、モロヘイヤ・あしたば・かぶの葉・おかひじき・春菊・ほうれん草・大根の葉・納豆などに多く含まれます。
ビタミンKは緑黄色野菜などから摂取されるビタミンK1と、微生物によって合成されるK2とがあります。
K1は主に植物の葉緑体でつくられるため、ほうれん草などの緑色の濃い野菜や海草などに多く含まれます。
K2は主に微生物によってつくられるため、発酵食品である納豆などに多く含まれ、腸内細菌によっても合成されます。

 

ビタミンKは脂溶性ですが、過剰症は報告されていません。
ただし、抗血液凝固剤を服用している人や血栓症の人は、ビタミンKの摂取量が制限されることがありますので、医師の指示に従って下さい。

 

ビタミンKが不足すると、出血が止まりにくくなったり、骨粗鬆症や早期老化・脂肪性下痢などを引き起こす可能性があります。

 

関連ページ

水溶性ビタミン
ビタミンB群の水溶性ビタミンについて解説をしています。