低血圧に効果のある栄養素

MENU

タンパク質

タンパク質は、私たちの体をつくる大切な栄養素です。
皮膚、筋肉、臓器、血液、髪の毛、爪、骨などの構成成分になったり、ホルモンや酵素、神経伝達物質、抗体などの原料になります。

タンパク質

鉄分の吸収にも役立ちますのでビタミンCとともに摂りましょう。肉類、魚介類、卵、大豆・大豆製品、乳製品などに多く含まれます。

 

タンパク質を取り過ぎると、炭水化物や脂質のように体内に蓄えることができないので、取り過ぎた分は尿とともに体外に排せつされますから、取り過ぎが続くと、尿をつくっている腎臓に負担をかけてしまいます

 

また、取り過ぎた分は脂肪として蓄えられるため肥満にもなります。
そして、将来一番怖いのが骨そしょう症です。カルシウム排せつ量の増加のため骨量が減ってしまいます。

 

タンパク質が不足すると、体力や免疫力が低下したり、脳卒中や成長障害を引き起こす可能性があります。

 

タンパク質はアミノ酸がくっついてできています。
アミノ酸は、動物性タンパク質、植物性タンパク質などさまざまな食材から取ることが大切です。

タンパク質


一般に肉類、魚介類、卵、乳製品などの動物性タンパク質には、必須アミノ酸(体内で合成する事のできないアミノ酸)がバランスよく含まれています。

 

穀類や豆類などの植物性タンパク質と合わせて摂取するとアミノ酸のバランスがよくなりますので、それぞれの特性を活かしつつ、アミノ酸が効率よく利用されるよう、タンパク質は動物性食品と植物性食品の両方から取りましょう。

 

ダイエットを意識した食生活では、ついつい野菜中心にしたくなりますが、健康や美容を考えると、エネルギーを意識し過ぎて肉や魚を取らないことは、むしろよくありません。調理方法を工夫し、タンパク質を意識して取ることで、健康な体づくりをすることが大切です。

タンパク質をつくるアミノ酸

自然界には多くのアミノ酸が存在していますが、タンパク質の構成成分として利用されるのはわずか20種類しかありません。
このうち9種類は体内で合成することができないので、食べ物から摂取しなければなりません。
この9種類のアミノ酸を「必須アミノ酸」と呼びます。
食べ物の中に必須アミノ酸が1つでも不足していると、タンパク質としての栄養的価値が下がります。

 

9種類の必須アミノ酸とは、

必須アミノ酸


イソロイシン・ロイシン・リジン・メチオニン・フェニルアラニン・スレオニン・トリプトファン・バリン・ヒスチジンの9種です。
こんな名前を並べても分かりにくいと思いますので、簡単に説明しますと、子牛肉や羊肉や鶏肉などの肉類・牛乳やプロセスチーズなどの乳製品・鮭などの魚介類・大豆製品・卵などに多く含まれていると認識して下さい。
ただ、穀類はリジンが不足していますが、リジンが豊富な動物性食品と一緒に取ることで、栄養価が高まります。

 

多様な食べ物を同時に食べることが大切で、主食・主菜・副菜のそろったバランスのよい献立がベストですね。

関連ページ

鉄(Fe)
鉄についての解説をしています。
銅(Cu)
銅についての解説をしています。
コエンザイムQ10
コエンザイムQ10についての解説をしています。
ビタミンB群
ビタミンB群にに含まれる脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンの詳細を掲載しています。