銅(Cu)

MENU

銅(Cu)

銅は、鉄から赤血球中のヘモグロビンという色素がつくられる時に働きます。
ヘモグロビンは主な材料である鉄が十分であっても、銅がなければ、正常につくられません。

銅


かき、するめなどの魚介類、レバー、ナッツ、大豆、ココアなどに多く含まれます。

 

食品からの銅の摂り過ぎはあまり心配はいりませんが、銅鍋など銅製の調理器具で酸性食品を調理すると、銅が溶け出して過剰摂取になることがありますが、極めて特殊な急性中毒や病気を除いて、ほとんど起こりません。

 

ただ、不足すると、貧血・成長障害・毛髪異常などを引き起こす可能性があります。

 

亜鉛やモリブデン、ビタミンCを大量に取ると、銅の吸収が妨げられます。サプリメントを併用する場合は、これらの取り過ぎに気を付けましょう。

 

また、銅はストレスに左右されやすく、ストレスによって排出される量が多いミネラルなので日頃から摂取を心掛ける必要があります。

関連ページ

タンパク質
低血圧の人に効果のある栄養素があります。それぞれの要素を取りいれながら、食べ合わせも大事です。
鉄(Fe)
鉄についての解説をしています。
コエンザイムQ10
コエンザイムQ10についての解説をしています。
ビタミンB群
ビタミンB群にに含まれる脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンの詳細を掲載しています。