コエンザイムQ10

MENU

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10と聞くと、サプリかと思われる方が多いと思いますが、私たちのカラダの中(心臓や肝臓、肺や腎臓などの臓器、筋肉、皮膚、脳など)に存在しているもので、20歳前後を過ぎると急激にその体内産生量が減少していき、特に40歳を過ぎると急激に減少していき、からだの機能が低下したり、疲れやすくなったり、肌などの新陳代謝がスムーズにおこなわれなくなったりします。

コエンザイムQ10

 

肌にある「コエンザイムQ10」は、心臓や腎臓、肝臓などの臓器と比べると、意外なほど少ない量です。
そして、もともと少ないその量は、さらに、加齢とともに減少していってしまいます。
「コエンザイムQ10」の減少により、新陳代謝がスムーズにいかなくなることも、肌にさまざまなトラブルが起こる原因とも考えられています。

 

コエンザイムQ10が減少していく理由は加齢による産生量減少と、加齢に伴う必要量が増えることが主な原因といわれます。また、過度のスレス、偏った食生活、運動不足などの悪い生活習慣も大きく影響するとみられています。

 

体内で不足するコエンザイムQ10を食品で補うことは可能ではありますが、普段の食事だけで1日の目安とされる量30mgを摂ろうとすると、イワシなら約6匹、牛肉なら約900g、ブロッコリーなら約3.6kgにもなってしまいます。それだけの量を毎日食べ続けることは、かなり大変です。従って、食品からの摂取量では足りない分は、サプリメントの利用で補う必要があります。

コエンザイムQ10

エネルギーの生産性を高め、心臓の収縮力を高める働きのある食品は、いわし・豚肉・牛肉・鶏肉・オリーブオイル・ブロッコリー・バター・サンフラワーオイル・チーズなどに多く含まれています。などに多く含まれています。

 

栄養素別Prat1
低血圧に効果のある栄養素

関連ページ

タンパク質
低血圧の人に効果のある栄養素があります。それぞれの要素を取りいれながら、食べ合わせも大事です。
鉄(Fe)
鉄についての解説をしています。
銅(Cu)
銅についての解説をしています。
ビタミンB群
ビタミンB群にに含まれる脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンの詳細を掲載しています。